×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

テーマ:本州最北端を目指す東北ツアー
その2 寂しいよぉ〜 寒いよぉ〜 関東から青森へ編
 9/24
 朝起きると確か8時過ぎ。9時には出発する予定だったので、慌てて身支度を整え、出発。。。(荷物が多いし、駐車場の具合もあって9時をチョッと過ぎた)ここでまず一つミスが。。。携帯電話を充電できるようにと、シガーライターソケットから充電できる充電器を持って行っとったんじゃけど、大事な部品を持ってきてなかった。。。ハイ充電できんよ〜(ΤДΤ) ってわけで、いきなりコンビニに立ち寄って充電器を買う羽目に。ついでにご飯も食べたり、ガソリン入れたりしてる間に、あっという間に10時前。。。何してんの(ΤДΤ)

 この日の路は前日に調べ上げた(酔ってたのに大丈夫なんかなぁ?)ので、結構自信もって進みます。京葉道路から首都高(B)→(C2)→(6)→外環道→東北道という予定。もうバッチリですがなw
 ・・・なのに、なぜか実際走ってみると首都高(C2)→(S1)となってしまって、チョッとパニックになったjojiは(S1)→東北道といけるのに、(S1)→外環道へと。。。。看板見よるとどうも茨城とか書いてあるし、コリャ間違ったね(°o°)ってことで、三郷西で外環道をおり、itaさんに「路間違っちゃったからもうチョッとかかります。ゴメンチャイ」とメイルを送り、再び外環道に乗りなおし、無事に東北道の蓮田SAでitaさんとご対面!!

荷物満載のゴチャゴチャなjojiのドリフター

シンプルスッキリのitaさんドリフター
 itaさんとは8月以来と言うことで、イロイロなお話を。でも、やっぱりなんだかんだ言って、単車とキャンプの話がメインでした。ご飯食べたり、話をしたりで、一時間程度?蓮田SAで休憩しつつ、そろそろ出発!出発の間際にitaさんからキャンプに使えるマグライトグッズを頂きました。itaさんありがとう。

 そうそう、どうやらitaさんは蓮田SAで相当待ってくれてたみたい。まったく、申し訳ない。でもまぁ、今後とも宜しく!!

itaさんの走る後ろ姿(写真が小さいなぁ。。。)
itaさんとは次の久喜ICまで一緒に走ってさよならとなりました。また道の上でお会いしましょう。
 itaさんとの話の中で、「福島まで行く」と言うたら「いやぁ、福島なんてあっと言う間だよ」ってなことを言われ、じゃぁ、時間的にも仙台が次の目的地かなぁ、などと考えて今日は仙台まで行くことに。途中のSAなどで休憩ついでに、できれば青葉山城には行きたいしなぁ、と地図を見るとキャンプ場にも近そうな、仙台南ICで降りることに。仙台に着いたのが、午後5時過ぎだったかな。今日のお宿を秋保温泉に近い天守閣自然公園に決め、コンビニで簡単な買い物(主に酒w)を買い、ガソリンスタンドで路を聞いて、天守閣自然公園へ。。。。

※秋保は<あきう>と読みます。これ読めんよねぇ(^^ゞ
 天守閣自然公園に着くと看板が「明日は定休日です。」ん?今日はやっとるんじゃろ??もしかして???
 と?が3つ続いた結果、「明日が休みなので、今日はキャンプできません」ってこと。。。ここまで来て、他のキャンプ場探す時間は無いし(確か6時前位、暗くなりつつあった訳で)
 J「近くにキャンプ場無いですか」
 天守閣「この川向かいに秋保リゾート森林スポーツ公園がありますよ」
 J「電話番号教えて!!」
 てな具合で、今日のお宿は秋保リゾート森林スポーツ公園に決定。開いてることだけ聞いて行ったんじゃけど、値段も聞いてから決めりゃよかったよ。この秋保リゾート森林スポーツ公園は 入園料400円 テント1張り1,600円 温泉があるので強制ではないけど入浴料600円 総額2,600円のキャンプ場。テントサイトまで、単車は乗り入れできるけど、雰囲気的にデイキャンプとかがメインのキャンプ場みたいね。バイクツーリングには向いてないと思う。

テントの中に3WのLEDマグライトを吊るしてみた。
結構明るいよ。
 高くても、なんでもとりあえずテントは張って、ご飯を食べました。まぁ、キャンプ場から温泉街の中にあるスーパーまで、近くて今回3泊したテント泊の中では、比較的まともな食事もできたし。

 ご飯の前後はjojiにとってはお酒タイム\(^_\)(/_^)/ ご飯を炊く前に米を水につけてる間にビール呑んだり、ご飯食べた後まったりしながら、焼酎の湯割りを飲んだりと、キャンプ自体は楽しくできたんじゃけど。。。

 いつもはある程度お酒を呑んだら寝てしまうjojiはこの日に限ってはなぜか寝付けず。煙草吸ったり、ウダウダしとる間に12時頃。。。。周りが山に囲まれた、このキャンプ場・・・時々山の中から物音が・・・・

 お酒のせいか、物音がするせいか非常に

「寂しぃぃぃぃぃ」

感じになってきたよ。でもまぁ、とりあえず2時くらいには寝ましたけど。

今思うと、itaさんと話した以外はまともに人と話してなかったからかなぁ。
9/25
 次の日おきて温泉に。キャンプ場を使う人は時間が決められとったけど、管理人のおじさん早口すぎてjojiはその時間が全く理解できてなかった。こりゃ失敗したと思うたけど、おじさんが「入っておいでよ」なんて言うてくれて、温泉はjojiの貸切状態!!ただし、jojiはお風呂が苦手なので、あっという間にお風呂から出ましたw
 さて、テント片付けるか!何回かこのテント立てたり片付けたりしたけど、非常に面倒くさいのよねぇ。しかも天気はエエしお風呂上りではあるし、jojiは汗だくですわ。お風呂入った意味無いじゃーん(;¬_¬) 9時30分ごろにキャンプ場を出発。まず目指すのは青葉山公園。
キャンプ場から割りと近くにあった7-11 缶コーヒーとタバコを買うて出てくると、こんな張り紙が。。。

このコンビニには「芋煮」用の薪を売ってました。
 特に迷うことも無く、すんなりと青葉山公園に。ここで家と職場へのお土産を買うて、宅急便で送る段取りをつけてから、自分のお土産を買ったり。。
 青葉山城に興味があったわけでなくて、上の銅像の写真がとりたかっただけ。駐車場代として100円取られます。時間も無いし、とりあえず目的の写真も撮ったし、もう仙台に用は無いもんね。ってことでさっさと東北道へ。。。

 と行きたかったけど、やっぱり道に迷ったり。親切な双子の子持ちのお母さんに道を聞いたりして、お昼前にやっと東北道へ。実際路に迷わんかったら、もっと早う(1時間くらいかな)青森に着いとったと思うわ。

ア○ィダスとナ○キに似てるステッカー 
宮城といえば 仙台は「ずんだ」 気仙沼の「フカひれ」

最近jojiの中で手ぬぐいがチョッとしたマイブームなんよね。正宗手ぬぐい
岩手県の何処かかな。東北道の両脇には立派な田んぼが。

「米」しか作ってネェ〜
東北道岩手山SAの展望台からの岩手山。この頃はまだ晴天でした。
 岩手から青森に入ってからどうも雲行きが少々怪しい。津軽SAで休憩しながら、北海道のX4に乗ってる人に竜飛に行きたいんじゃけど、どこら辺で泊まるのが良いかたずねてみたけど、「青森市内に入ってから決めたらどうですか、今日中に竜飛に行くと夜になるし」って答えが。しょうがないので、とりあえず青森自動車道青森中央ICで降りてみることに。青森自動車道に入ると、小雨が。。。なんか寒いでぇぇぇぇ。
 
 青森中央ICで降りて、最寄のコンビニでお宿を確保。市内のビジネスホテルに泊まることに。だってさぁ、テント張るといっつも出発が遅うなるんよね。竜飛から大間まで行くのになんか時間かかりそうなけん、出発は早うしたかったんじゃもんね。しかも気温は18度くらいだったかな。岡山出た頃はまだ30度を越える気温だった。しかも、革ジャンは着とるけど、グローブは夏用のメッシュだったり。。。とにかく、もう寒いし!ご飯もちゃんと食べたいし!!洗濯もしたいし!!!

 で、ホテルは素泊まりなので、洗濯とご飯を済ますべく青森市内をウロウロと。。。結局、コインランドリーは見つからず、ご飯は小さな居酒屋へ。
 無性に魚が食べとうなって、サバの塩焼きをオーダー。激しく旨かった。もう、なんかメッチャ旨かった。もうチョッとこの店で酒呑もうかと思うたところで、明日の予定を考えて、ホテルへ。TVを見ながら、明日走る路を考えてご就寝Zzzz。勿論寝る前にビールを追加で呑んでからね。

 丁度TVでは福田総理大臣誕生!!とかやっとったなぁ。 ついでに、この日は中秋でした。(満月じゃなかったはず。)  
こんな感じで、ついに青森へ突入したjoji。次は目的地、竜飛崎と大間へ。期待と希望を胸に次回に続く。。。。のか?w
「東北ツアー3 これがキャンプツーの醍醐味か? 人と触れ合う竜飛崎〜大間編」です。