×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

'09 夏休みツー 一日一端編 その4
 ううむ・・・ボケボケで更新が遅くなってしもうとるわ・・・また最後の更新が大晦日とか笑えんからがんばりますよ(適当にw)
前回からの続きで、快速旅団のI-OLI

こうやってお日様に当てると、乾くのが早いけん、収納も楽になるわいな。構造上、風にも当たりやすいので(逆にいえば風邪が強いと不安)さらに乾きやすい!
なんとなく、地面に張り付いとるイメージかな。

お手軽な感じなんじゃけど、jojiにはちょっと背が低いので、やっぱりタープとして使うのが有効な気がする。

スノ○ピークのペンタに近いけど、ちょっとシェルターっぽい機能もあるよって感じ
 この日は朝6時ごろにお目ざめ。上の写真の通り、i-OLIを乾かしとる間に、またお粥の朝ご飯を食べて、コーヒー飲んでのんびりしながら、8:30頃には出発。出発前にゴミを処分しようとしたら、またごみ袋に蟻がorz しかも気候がええせいか、かなりデカイ蟻がご飯の残り物を求めて、袋を食い破り中まで侵入してた><

 キャンプではやっぱりゴミの始末の仕方が悪いと、こうなるなぁ。。。と反省しながら、一路宇和島目指してGO!
宇和島の前に・・・足摺の海岸。
今見るとシンプルながらいい写真w

今日も暑くなりそうですなぁ(汗)
 宇和島は三年前にも行ったことあるけん、寄る必要ないんじゃないん?って思うかもしれんけど、ここには携帯国取りの関係でお城へ行かねばなりませぬ。宇和島城は山城であるので・・・登るのが嫌になるだろうなぁと思うたわ。案の定、宇和島城についたら、登り道が二つ。

 正規の道と、必殺近道・・・もちろん、和田山の竹田城で近道を登ってヘトヘトになったjojiはその経験値から、正規の道をw正規の道のほうが距離は長いけど、登りがきつくない!反対に必殺近道は距離は短いけど、ほぼ真っすぐ山を登る道になっとるから、登るとヘトヘトになるよ。

 お城とか行きたいと思う人は、極力正規の道を行かれることをお勧めします。体力に自信のある人や、どっちか言うとMな人は近道どうぞw
 ヒィコラ登ってきた割には、この建物しかない。。。石垣の規模から言うても、この建物だけではやや寂しいorz 高松城と同じくらいのがっかり。むしろあっさりと竹田城みたいに、建物が無いほうが良いのかなぁとも思うぞよ。

 で、なんとなく興醒めしたので写真はこれだけ。景色も良かったはずなのに。

 この後は、四国最西端へ行って、ついでに九州に渡れるかなぁなんて思いながら、宇和島を出発。宇和島の辺りでお昼だったけん、どっかでご飯でも食べようかと走ること約一時間w一時間走っても、ここで食べようとか思う店がなかなか無かったんよね。喫茶店がなんぼかあったけど、なかなか寄れずに一時間走りましたわ。

 もうここで食べんとイケんとおもって、鰻の看板の出てるお店へ。お客さんも一杯じゃし、鰻は高かったので海鮮丼を注文。20分ほど待ったか(結構待ってるのよ。海鮮丼で20分も待つなんてあり得んとか思いよったんじゃけど)

店女「今鰻焼き始めましたから、もう少し待ってくださいね♪」
 J「いや、海鮮丼なんじゃけど・・・・。」
店女「えっ(汗)・・・・ああ海鮮丼でしたねぇ(汗)」
 J「いや、もう鰻にして(ちょっと怒)」
店女「でも海鮮丼のほうが早いよ(汗汗)」
 J「いや、もう鰻でエエけん」

ってな会話で、その後また30分くらいかな・・・鰻を待つことに orz 海鮮丼が20分待たされた時点で店を出るべきじゃったわ。今考えても腹立ってきたでヽ(`Д‘)ノ
ちょっと怒りにまかせて鰻を食べまして、1800円払って出ましたわ。多分あの店に二度と行くことはないじゃろう。
 あとは、佐田岬へ行って、九州渡るだけじゃし、今日は余裕でしょ♪なんて考えとったら、佐田岬の灯台に行くには結構時間かかるのね。佐田岬があんなに長い?とはちょっと予想外!半島っていうくらいじゃから、結構デカイのよねw 結局1時間半くらいだったか掛って漸く佐田岬灯台の駐車場へ。

 しっかし、ここも人が一杯ですがな。駐車スペースはほとんど車で埋め尽くされとる。駐車場を回ってみると、単車もチラホラ。あら、なんか見たことあるフェンダー・・・をっ!ドリフターが一台止まってました!オーナーさんは灯台のほうへ行ってる様子。とりあえず、jojiも駐車場の空きスペース(車の駐車スペースには狭い隙間)にドリフターを止めて、灯台へ。
   

こんな景色が見えてもまだ道の半分くらい。ここは歩きも結構距離がある><

やっと灯台が見えた!!
  

灯台も人が一杯だった・・・
自分を撮るような細かい芸当をする気も起きんかったので、誰か知らん人の足も関係なく写真だけ撮って退散w
 灯台からの帰り道・・・地元(らしき)のおばちゃんがお土産売ってたw だれも買わずに素通りするもんで、こういうのはせめて話しかけるだけでもして見るのが人情じゃろう(><)とか勝手に浪花節なこと思って、話しかけるjoji・・・見事にその手には1瓶1,000円の雲丹を握っておりましたとさwww

 おばちゃんに、これからどこ行くの?なんて聞かれて、フェリーで九州渡るんよ!なんて言うたら、九州なんか一泳ぎやんか!(笑)と言われて J「だって僕泳ぐの苦手なんよ(苦笑)」
 おばちゃん「若いもんが何言うとるん。私らでさえ、九州ぐらい軽く泳げるわ!!(笑)」

素敵ですよ、こういう会話。面白かったわぁ。
 駐車場へ戻ると、さっきのドリフターのオーナーさんが帰ってきてた。顔見てもドリフターズの人じゃなさそうだったので、特に話しかけることも無く、出発。向こうも3人ほどいたので、話しかけにくかっただけなんじゃけどねw

 灯台の駐車場へ上がってきた道を戻るつもりが、やや道に迷う(ナビがついとるのに、道に迷うなんて恥ずかしすぎるw)無事に、三崎港のフェリー乗り場へ着くと、車と単車が一杯・・・フェリーは2時間ほど待ったら乗れる・・・・待てませんw時間は5時くらいだったし、7時にフェリー乗っても、九州到着は8時過ぎ。宿が決まってないjojiにはちょっときついね。

 なので、近所の海水浴場のキャンプ場でお泊まりすることにして、キャンプ場へ。キャンプ場へ着くと先客が。こんにちわとだけ話して、あとは特に話もせず・・・なんとなく寂しいじゃございませんかぁ。
 
 さらに、このキャンプ場は海水浴の期間しか水が出んらしく、水道も不通・・・近くのスーパーで水やら食料を買い出しして(勿論お酒もw)極力水を使わないようなキャンプをして見ました。結局、ご飯を炊かんかったらそんなに水って使わんのね。この日の晩ご飯は「冷凍そば飯」フライパンで温めるだけで美味しく頂きましたよw
 あとは、酒呑んで寝るだけwww 朝一のフェリーが7時ぐらいだったかな。それに間に合うように行けばOK。で早めのご就寝Zzzz

が・・・海辺だけあってか、蚊が多い・・・しかもお酒パワーを得たjojiの呼吸が蚊を呼ぶわけよ・・・蚊取り線香を付けて寝ようにも、蚊取り線香が消えるとまた蚊に襲われる。。。。寝たり起きたりを繰り返し、愛媛の夜は更けてゆきましたとさ・・・トホホ
 というわけで、4日目も無事に終わりました。あと半分じゃ!!

恒例の?・・・最西端の夕焼け